SOUPLE
お仕事をお探しの方へ
TOP > お仕事をお探しの方へ > お仕事大辞典 > ITエンジニア系のお仕事
 

ITエンジニア系のお仕事

コンピュータに情報の処理をさせるための命令(ソフトウェアを構成するプログラム)を作成するエンジニア。SEやプロジェクトリーダーの指示を受け、指定された開発言語を使ってソフトウェアの開発にあたります。動作確認で不具合が発見された場合は内部を解析し修正します。経験による実力・技術力を明示するのに資格は有効で、Microsoft、ORACLE、Sun、Lotusなどのベンダーが主催する資格により専門性をアピールできます。
クライアントのニーズに沿って、コンピュータのシステムを設計します。システムの要件を分析し、仕様書を作成し、基本・詳細設計や導入・運用・テスト計画などを担当します。またシステムが利用されている現場で運用保守、改善、再構築提案などの業務にあたります。業務系、情報系といったシステム分野別に、ネットワーク、OSなどの基本技術が異なるため、それぞれのスキルや業務知識が必要となります。また設計に携わる業界の専門知識を理解することも大切です。
個人・企業のユーザーを相手に、電話あるいは現場で、システムに関する問合せに応じます。各種ソフトやサービスの操作、エラー対応法に関する質問に回答するテクニカルサポートのお仕事や、企業内で社内のシステム全体の操作説明や障害対応を行うヘルプデスクのお仕事があります。コンピュータの知識はもちろんのこと、内容をわかりやすく相手に伝えるコミュニケーション力が求められます。
企業内のネットワークシステムであるLAN、企業間をネットで結ぶWANやインターネットの、企画・提案・設計から構築、実際の運用・管理を行います。 Windows NTはもちろんのこと、UNIXや、さらにその上で動くデータベースやグループウェアなどの広範な知識が必要ですが、最重要視されるのは業務経験です。その裏づけとしてCisco、Microsoft、Sun、Lotusなどのベンダー認定資格は有効です。
クライアントのニーズを実現するために、システムの構築に先立つコンサルティングに特化したエンジニアです。業務プロセスや現在のシステムを分析し、問題点を発見して、業務プロセスの見直しや新システムの基本的な骨格を企画・提案します。コンサルティングに携わる業界や業務の専門知識を理解することも大切です。
IT系企業のSEや一般企業の情報システム部門の社員などITを本業としているプロフェッショナル向け、またその職種を目指す方に、システム開発、ネットワークなどの専門知識を指導します。教育コンテンツの企画・設計、コースウェア開発などが含まれる場合もあります。IT資格取得のためのトレーニングを行うケースも多いので、MCSEやOracleMaster、情報処理技術者などのIT専門資格を取得しておくことも求められます。

ページの先頭へ戻る