SOUPLE
お仕事をお探しの方へ
TOP > お仕事をお探しの方へ > お仕事大辞典 > その他専門職のお仕事
 

その他専門職のお仕事

ラジオやテレビといった放送・報道の場面で、正しくマイクを使い、明瞭な発声と正しい日本語で原稿をきちんと読み上げ、伝達事項や情報をわかりやすく客観的に伝えます。専門のスクールで発声方法などの基本技術の習得が必要です。
ラジオやテレビといった放送やイベントなどで、語り手として、明瞭な発声と正しい日本語で原稿をきちんと読み上げ、伝達事項や情報をわかりやすく伝えます。実務経験のある方やボイストレーニングを受けた方が有利です。
式典、会合、イベント、ステージ等において、主催者側が決定したタイムスケジュール通りに、台本に沿って、主導権をもって進行させます。明瞭な発声と正しい日本語、臨機応変な対応力をもって、その会を内容的にまとめながらスムースに進行させます。実務経験のある方やボイストレーニングを受けた方が有利です。
企業やパソコンスクールなどで、教材・テキストを活用し、パソコンの基本操作やソフトの使い方を指導します。パソコンに関する知識は当然のことながら、対象者の年齢や操作能力に合わせ、わかりやすく指導する技術が求められます。マイクロソフト社認定資格MOT(自社ソフトのトレーナー資格)は取得しておきたい資格です。
株主総会や会議といったビジネスの場において、記号を使いながら、話された通りの言葉をそのまま漏れなく書きとめます。またその内容・議事録を、ワープロソフトなどで仕上げます。
印刷物などの文字・文章・記述内容といった表記を、原稿、ゲラ刷りの段階でチェックし、校正記号などを使って、誤りや不備を正します。誤字・脱字を見落とさないことはもちろん、差別表現ではないか、表記規定が守られているかなども確認し正しい表記に直します。
建築法規に基づいて、与えたれた敷地にどれくらいのボリュームの建物が建つかを大まかにつかんだ上で、建築概要、平面図、立面図、断面図などの図面におとし企画設計します。またその企画設計に基づいて、実施設計に使える基本設計図面、さらに見積図として使う図面や役所に提出する建築確認申請図へとおとしこんでいく作業を行います。
名刺・顧客リスト等をもとに、決められたルールに従って、住所・企業名・役職・名前の宛名や、その他賞状、名札リボン、席札、その他文書を、筆もしくはサインペン・ボールペンで美しく確実に書くお仕事です。
一般住宅をはじめ、店舗やホテル、オフィスなど建物の内装を、顧客の好みや生活スタイルに合う快適空間に演出するお仕事です。主にショールームや住宅の内覧会・販売会、リフォーム相談コーナーなどで、商品の紹介・選定・アドバイス、図面や見積りの作成などを行います。資格よりも経験・実績が重視される世界で、顧客が満足するプラン実現のために、内装家具・カーテン・照明等のインテリアエレメントの知識、豊かな人間性、情報収集力も求められます。
ビジネスレター・契約書・仕様書・学術論文など、文書の内容を正しく理解した上で、用途にふさわしい的確な表現で訳出します。英語から日本語へ訳す場合と、その逆の場合があります。高い英語力は当然のこととして、正確な日本語力も重要で、言葉のニュアンスをも伝わる文章表現力が必要とされます。また得意の専門分野がある、テクニカルライティングのスキルがあるなどアピールできるものを身に付けておくことも大切です。
外国人と日本人のコミュニケーションを仲立ちし、外国語から日本語へ、またその逆へ、正しく訳して情報を伝えます。通訳には、外国人に付き添い目的地への同行や簡単な打合せにおいてのアテンド、また商談・会議・セミナー・展示会等において逐次あるいは同時に行う通訳があります。高い語学力のみならず、各分野における高度な専門知識が必要となるほか、言葉のもつニュアンスや、話し手のバックグラウンドにある文化、考え方も含めた訳が求められます。
旅行代理店などで、顧客からの旅行に関する相談や申込みを受け、要望に合わせて交通・宿泊等の手配・折衝・事務手続きを行ったり、流行や時節に合わせたツアーの企画を行います。また国内外のパッケージツアーに同行し、旅程進行管理、渡航・入国手続きなど、その旅行が参加者にとって順調で快適なものとなるよう細部に渡ってお世話をする添乗業務があります。
研究テーマに基づいて、実施計画を立て、その計画に沿って適切なデータが得られるよう、実験対象物に適切な前処理を行った上、試料・標本を作成し、実験器具を正しく操作し、実験を行います。そこで得られたデータをもとに分析を行い、仮説の検証をしつつ、実験結果を表やグラフにまとめるお仕事です。
日常生活を送るのに支障のある高齢者・障害者の福祉施設にて、身体介護を行います。食事・入浴・排泄・日常生活の相談などのほか、清掃・買い物などにあたります。熱意と責任感のある人が求められています。一連の介護技術・知識とともに介護にあたるマインドも大切です。

ページの先頭へ戻る